新垣ちんすこう

新垣ちんすこうの歴史
琉球王朝の後期に、冊封使の食事を賄う為に料理座の包丁人が中国へと渡り学んだ
「中国菓子」と、薩摩藩奉行への接遇の為に学んだ「日本の菓子」双方の知識から
琉球独自の菓子として作り上げたのが、「琉球の伝統菓子ちんすこう」の始まりです。

また元来ちんすこうは琉球王朝の王族や貴族が祝い事の際に食べるお菓子として珍重される
もので庶民の食べ物ではありませんでしたが、今日では様々な味や形をした新しいちんすこう
も増え、沖縄を代表するお菓子として広く人々に親しまれています。


ちんすこうの由来
ちんすこうの由来



黄金色に輝き(金)、ほどけるような口当たりの(楚)焼き菓子(こう)という名の
由来を持つ沖縄で馴染み深いお菓子の、「ちんすこう」

ちんすこうは、小麦粉、砂糖、ラードというシンプルな材料で焼き上げられていて
他の伝統菓子にはない、さっくりした食感と、上品な甘さが人気です。


琉球王朝時代よりその味を受け継いできた、歴史ある「新垣ちんすこう」。


香ばしい琉球銘菓を、ぜひご賞味ください。



ちんすこう
ひと口サイズちんすこう

食べやすい、ひと口サイズのちんすこうが仲間入りしました!

定番のちんすこうの他に、紅いも味、海塩味、ごま塩味、黒糖味に加え、女性に人気のチョコ味、ココア味も登場。
海塩、ごま塩、ココア味はほどよい塩加減で、おやつ以外にも小腹がすいたときに思わずつまみたくなる味。

おやつに、休憩時に。ちょこっと、ちんすこうはいかが?



きんそこう

きんそこう

県立北部農林高校が商品化を提案、新垣菓子店との共同開発により販売を開始しました。
あぐーのラードを使用した、ちょっぴりリッチなきんそこう

香ばしい小麦と黒糖の風味が生きた、甘さ控えめの大人なちんすこうです。
口にほうばると香ばしさが広がることできな粉にも似た味がするとのお声もいただきます。

ふつうのちんすこうに比べると柔らかめの食感とまろやかなお味で、お年を召した方へのおみやげにも大人気です。



新垣サブレ磚(せん

新垣サブレ磚(せん)

ラードが苦手な方へ、バターをベースにしたさっくりとした食感のサブレを作りました!
小麦粉にたっぷりのバター、アクセントに「きっぱん」(柑橘類の皮と実を砂糖で煮詰めた琉球王朝時代からの伝統菓子)と
琉球王朝時代の慶弔行事にも使われていた「丁子(ちょうじ)※ハーブの「クローブ」です」を練り込み、
大人向けの香り豊かなサブレに焼き上げました。
爽やかな香りのきっぱんと、紅茶にも似た香りの丁子サブレはアフタヌーンティーにぴったりのおやつです。
独特の食感と香りをお楽しみ下さい。

Copyright ©新垣ちんすこう本舗. All Rights Reserved.